債権・不良債権問題

相次ぐ建築・不動産関連企業の倒産

アメリカのサブプライム問題から端を発した日本の不動産不況は、銀行の貸し渋りに繋がり、相次ぐ不動産関連会社の連鎖倒産を引き起こしました。また、建築基準の規制強化と原油高による世界的な建設資材の高騰も原因とされております。

少し前までは優良債権だった物件が、ある日突然、不良債権に変わってしまうことも多々あるでしょう。債権問題は早めに対応することをお勧めします。

債務者の行方不明捜索

人を探す場合、大きく分けて二つ種類があります。

1.所在調査
(相談内容例:対象者が居場所を隠していないが、居場所が分らなくなったケース)

・昔の恩師・恩人と連絡を取りたいが以前の住所しか分らない。
・疎遠になっている親類・縁者。
・生き別れになってしまった、親・兄弟に会いたい。
・離婚して会えなくなってしまった子供に会いたい。
・小・中学校時代に仲の良かった友人に連絡を取りたい。

2.失踪・家出人調査
(相談内容例:居場所を隠し、人知れず逃げているケース)

・相談相手になってくれた友人・知人と連絡が取れなくなった。
・夫・妻が勤めに出たまま姿を消した、会社にも行っていない。
・妻が、子供を連れて出て行ってしまった。
・交際相手が突然に音信不通になってしまった。
・金銭を貸していた相手がいなくなった。
・夫・妻の交際相手の居所を知りたい。
・遺産相続のため、居所の判らない血縁者を探したい。
・結婚を前提にお付き合いしていた人がいなくなった。
・息子・娘が家出をした。
・別居中の夫・妻が居場所を教えてくれない。
・詐欺を企てた人物の行方を知りたい。

投稿日:

Copyright© 企業調査はガルエージェンシー , 2019 All Rights Reserved.